XAMPPを使わずにWindows環境にPHP開発環境をインストールする Apache編:ヨタノート:Archives
Apacheの文字画像
XAMPPを使わずにWindows環境にPHP開発環境をインストールする PHP編 」からの続き

XAMPPを使わずにWindows環境にApacheをインストールしてみました。

XAMPPがあればいいのかもしれませんが、細かい設定とかを自分でしてみたいので個別でApacheをインストールしてみることにしました。

注:数年前にwindows7環境下でインストールした手順です。現在では異なっている場合があります。

Apacheダウンロード画像その1
http://www.apache.org/ にアクセスします。
画面上部「Projects」をクリックします。

Apacheダウンロード画像その2
HTTP Serverをクリックします。

Apacheダウンロード画像その3
http://httpd.apache.org/ が開きます。
Download!の「From a Mirror」をクリックします。

Apacheダウンロード画像その4
Apache Download画面が表示されるので下にスクロールします。

Apacheダウンロード画像その5
「Files for Microsoft Windows」をクリックします。

Apacheダウンロード画像その6
http://httpd.apache.org/docs/current/platform/windows.html#down が開きます。
ここから先は公式サイトではないのですが、ダウンロードの推奨先一覧が表示されます。
Apache Loungeが分かりやすいページなのでそこを開きます。

Apacheダウンロード画像その7
http://www.apachelounge.com/download/ が開きます。
「VC11」をクリックします。

Apacheダウンロード画像その8
画面を下部にスクロールします。

Apacheダウンロード画像その9
Windows 64bit版と32bit版があるので、OSに合わせたバージョンをダウンロードします。

重要なのは
バイナリがVC11のApache2.4をダウンロードすることです。
VCというのは
Visual Studioでコンパイル(Compile)されていることを意味しており、
9とか11とか14はそのバージョンをあらわしています。
VC9:Visual Studio 2008
VC11:Visual Studio 2012
VC14:Visual Studio 2015
これらは後にMicrosoftの再領布可能パッケージ(無料)をインストールする必要があります。
PHPでも使われており、
PHP7(次期バージョン):VC14
PHP5.6:VC11
PHP5.5:VC11
PHP5.4:VC9

となっています。
自分はPHPとApacheのVCバージョンを一致させています。
不一致の場合はどうなるのかは検証していません。たぶん何らかのエラーが出ると思います。
PHP5.5やPHP5.6はVC11なので、あえて最新のVC14を使う必要性はないでしょう。

Apacheインストール画像
ダウンロードしたファイルを解凍し、C直下に設置します。
ここではApapche24にしました。
C:\Apapche24です。

MSVCR110.dllエラー画像
コマンドプロンプトからインストールを実行すると上記のエラーが表示されます。これはMicrosoftの再領布可能パッケージをインストールしていないために表示されます。

Visual Studio 2012 更新プログラム4のVisual C++ 再頒布可能パッケージ画像
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30679 を開きます。 Visual Studio 2012 更新プログラム 4 の Visual C++ 再頒布可能パッケージが開きます。

Visual Studio 2012 更新プログラム4のVisual C++ 再頒布可能パッケージその2画像

Visual Studio 2012 更新プログラム 4 の Visual C++ 再頒布可能パッケージをダウンロードしてインストールします。
VSU4\vcredist_x64.exeとVSU4\vcredist_x86.exeは64bit版と32bit版なのでOSに合わせた販をインストールします。

Apacheインストールコマンドプロンプト画像
Windowsのスタートボタンを右クリックして管理者権限からコマンドプロンプトを開きます。
CD C:\Apache24\bin
httpd.exe -k install
と打ち込んで基本的なインストールは完了。

Apacheインストールhttpd.conf画像
C:\Apache24\conf\httpd.conf
を開き、上記のコメントを外します。

その後は
C:\Apache24\bin\ApacheMonitor.exe
を開く。
または、windowsメニューの隠れているインジケータからApache Service Monitorを開いて「Restart」をクリックする。
うまくいっていれば
ブラウザから
http://localhost/ を入力すると、
C:\Apache24\htdocs\index.htmlに設置されたファイル
「It works!」が表示されるはず・・・

なんだけれど、前述したとおりうろ覚えなところがあるので、細かいところが異なっていたらごめんなさい。
この後httpd.confにphpの設定を追加します。

投稿日:平成27(2015)/11/7