Apache ローカルホスト環境で複数のドメインを管理するには:ヨタノート:Archives
Apacheの文字画像
Apacheを使ってwebサーバーテスト環境を作る場合、通常htdocs以下のディレクトリにテスト用のファイルを置きます。
単一のドメインを保有しているのならば、htdocs以下に直接ファイルを置き、
ブラウザからhttp://localhost/にアクセスするだけでテスト確認できます。
もし、複数のドメインをもっているならば、例えばyottanote.com、ABCD.xxx、XXXX,xxxといったドメインをテストする場合、
htdocs以下に複数のディレクトリyottanote、ABCD、XXXXを作り、それぞれ
http://localhost/yotttanote/
http://localhost/ABCD/
http://localhost/XXXX/
にアクセスすることでテスト出来ます。

しかしディレクトリに分けた場合、例えば画像のリンクでタグの"img src="アドレス指定が一つでもずれたらテスト環境と本番環境で差が生まれてしまい、
テスト環境としてはバグを見逃す原因になりかねません。
なんとか、ディレクトリ名まで入力せずにアクセスできないだろうかというのが今回のやり方です。

Apacheのhttpd.conf設定を追記します。
C:\Apache24にapacheがある場合
C:\Apache24\confディレクトリにあるhttpd.confに対し、以下の設定を行います。

注:数年前にwindows7環境下でインストールした手順です。現在では異なっている場合があります。


Listen 81
NameVirtualHost *:81

    ServerName localhost:81
    DocumentRoot "c:/Apache24/htdocs/yottanote"
    
        AllowOverride All
        DirectoryIndex index.html index.php .ht
    


DocumentRootにディレクトリの置き場所を記入します。
Virtualhost81というのはポートNoです。
通常ApacheはポートNoに80を使用しますが、ここでは81を入れてみました。
あとは複数ドメインごとに82、83としたVirtualhostタグを追記すればよく、
http://localhost:81/
にアクセスすることで動作確認が出来ます。

注意1
本来ならば「ServerName」に「yottanote」など好きな値を設定すれば、「http://yottanote/」と入力するだけでアクセスできるはずなのですが、
今回自分の環境では接続できず。なぜそうなるのかは不明。

注意2 C:\Windows\System32\drivers\etc内のhostsファイルをテキストエディタで開き、

#	127.0.0.1       localhost
とコメントアウトされているか確認する必要があります。

投稿日:平成29(2017)/5/11