USBメモリ経由でOSをインストールする。:Ubuntu特集:ヨタノート:Linux
自宅にPCを一台増設し、OSにLinuxのUbuntu 11.04 64bit版を導入しました。
最初Ubuntuのwebサイトからisoイメージファイルをダウンロードし、CD-R経由でインストールしようとしたのですが、
エラー
「(initramfs) Unable to find a medium containing a live file system」
を表示しインストール出来ず。

いろいろ調べてみたが、同じような悩みを抱えている人がほとんどみつからず、さてどうしたものか。
「a live file system」というメッセージがよくないらしく、alternative版というのをインストールすれば何とかなるという記事を発見したので、試みてみるもうまくいかず。

どうもBlu-rayドライブとの相性がよくないらしく、USBメモリ経由でインストールすることにした。
unetbootinを使用してUSBメモリにisoイメージを展開。
PCにUSBメモリを差し電源をON。 そうしたら、あっさりインストールができ、Ubuntuが起動しました。

これでLinuxでいろいろ出来そうです。かなりとんでもないことをやる予定。

しっかし、OSのインストールは今までCDやDVDがスタンダードで、USBメモリはモバイルPC用のイレギュラーなやり方だと思っていたら、CDドライブ経由でインストールすること自体が時代遅れのようですね。

どうりでいろいろ調べても同じような失敗に遭遇する人が少なかったわけだ。

UbuntuをUSBメモリ経由でインストールする方法
1. Ubuntuのサイト から通常版のisoイメージファイルをダウンロードする。
2. Unetbootin をダウンロードし、ファイル実行する。
3.UnetbootinのディスクイメージにダウンロードしたUbuntuを選択する。
4.UnetbootinのドライブにUSBメモリを選択しOKボタン押下
5.USBメモリにファイルが展開されたら、それをインストールしたいPCに差し替える。
6.電源ONし、画面に従いインストールを実行する。


Original Posted 平成23(2011)/5/26

投稿日:平成25(2013)/7/1